目次
篠井の文化財04

篠井ニュータウンMobile | 栃木県宇都宮市の分譲地

篠井の文化財04

●コウヤマキ

コウヤマキは、我が国特産の常緑針葉高木で福島県以南から四国、九州の海抜600〜1300mの山地に分布し、特に紀州(和歌山県)の高野山に多いのでこの名前がある。材質は水に強く、風呂桶、橋、流し板などの建築資材や庭園や寺院などの庭木用として用いられている。このコウヤマキは、植栽されたものであるが、樹齢約300年、樹高約30mと市内では稀に見る巨木である。昭和35年1月28日市指定 住所…栃木県宇都宮市篠井町362〔出典〕宇都宮市ホームページ「宇都宮の歴史と文化財」


●エドヒガン

エドヒガンは、江戸のヒガンザクラという意味である。ときに高さ20mを超える大木となるものもあるが、この木は樹齢約550年、樹高約19mと、宇都宮随一の巨木で、幹は地上約5mのところで二つに分かれ、生育は良好である。3月末には淡い紅色の美しい花をつける。昭和42年3月25日市指定 住所…栃木県宇都宮市石那田町1972〔出典〕宇都宮市ホームページ「宇都宮の歴史と文化財」


戻る

宇都宮市土地開発公社
028-632-2174
栃木県宇都宮市旭1-1-5
(宇都宮市役所用地課内)

2012-2017utokaiko